タクシードライバーやWEB業界を目指す:ココロオドルワーク

移り変わり

タクシー運転手の金額や価格の傾向について

タクシー会社での仕事は、主にタクシー運転手と事業所での配車オペレーターの仕事などがあります。 現在では多くのタクシー会社がありますが、待遇は各タクシー会社によって異なります。 タクシー運転手の場合、完全出来高制の給与体系としている会社が多く、その月の売上高に対して会社が規定した歩合率をかけた分がそのまま給与として支払われます。タクシー会社によっては歩合率の一部を積立て、年に何度か賞与として支給される場合もあります。 また、タクシー会社の給与は地域格差も大きく、一般的に大都市圏の方がタクシー利用率が高いため、その分給与が高くなる傾向にあります。 タクシー運転手の勤務体系は、日中だけの勤務や夜間だけの勤務など自由に選べるところが多いですが、一日おきに21時間勤務をする隔日勤務をするのが一般的です。

これまでの歴史や変遷

タクシー会社は景気に左右されやすい業種の一つとも言われています。 景気が良い時はタクシーを利用する人も増加しますが、景気が悪くなるとタクシーを利用する人も減少する傾向にあります。 現在では多くのタクシー会社があるため、特に大都市圏などにおいては競争が激化しており、それぞれにサービスに特色を出すなどの工夫が見られるようになってきています。 しかし、タクシー運転手の場合は、長時間労働の割に給与が安いというイメージが強く人材不足も懸念されています。 しかし、近年ではIT機器の普及によりタクシーにカーナビが搭載されていたり、スマートフォンのアプリでタクシーの配車や予約が簡単にできるようにもなっているため、タクシー利用者の増加が期待されています。